*ひなたぼっこ*

ひなたとひにゃこのHappyDiary★彡
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 大丈夫ですか? | main | 今できること。 >>

愛犬家として☆


ひにゃこも恐怖に堪えて頑張ってます☆

愛犬家さんたちにとってやはり一番心配なのは災害時の
ペットへの配慮ですよね。あたしもそのことが自分の身の
安全以上にきがかりで、毎日心を痛めてます。

そんな時、鈴木奈々ちゃんのblogにこんな記事があったので
文章をお借りして載せますね(*^ー^*)

□ペットと一緒に非難する場合について□

ペットの防災対策についても日ごろから考えておきましょう。

迷子対策にペットの名前と飼い主の氏名・連絡先を記入した
名札や鑑札を付けましょう。

地震が起きて非難する際にペットは、避難所に一緒に避難
させるのか。それとも誰かに預けるのか。外出先で地震に
合うかもしれないので、その場合は離れていてもわかるように
首輪に名前などの札を下げておく、普段から用意する必要が
あります。

大型犬などは避難所に避難させることは難しいと思われますので
預かってもらえる場所を日頃から相談しておきましょう。
また、人に危害を加えそうなペットが地震に驚いて逃げ出したり
した場合は付近の住民を余計に心配させてしまいます。
そのためにも、災害にあったときのことを考えてペット
ショップの人などにどうするべきなのか相談して災害対策を
しておきましょう。

ペットを飼うということは、自分がペットに対して責任を
持たなければいけません。地震でどうしようもなくなったとき
勝手に捨ててしまったりする。そんな無責任な行動は絶対
にいけません。

以上が奈々ちゃんの書いてくれてた対策です。

我が家では犬用の防災セットを買ってあります。また今回は
ドックフードとトイレシーツを多めに用意して玄関先に
常備しました。避難する際、他の方の迷惑にならぬよう
ペットカートに載せて歩く準備もしてあります。

大事な家族の一員だからこそ出来る限り助けたいですよね。
愛犬家の皆さんどうし協力しあって災害を乗り越えることが
理想であると考えます。

まだまだペットに対して理解の少ない日本ですが、これを
機にペットの災害対策を皆で考えられたらと思います☆
りく☆のん☆ひにゃ | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hinarikunikki.jugem.jp/trackback/868
この記事に対するトラックバック